これから始める GAP

農林水産省

GAP認証が生まれた背景

GAP認証の誕生の経緯

GAP認証の誕生の経緯

GAP認証は、1990年代にヨーロッパで誕生しました。
当時、大手スーパーマーケットは、農業者に対して農薬の使用基準などの農業生産における安全管理について細かく条件を求め、管理をしていました。しかし、農業者にとっては、出荷・販売先によって基準がバラバラなため、それぞれに対応方法を変えなければならず、非常に負担の多い作業でした。一方、大手スーパーマーケット側にとっても、世界中の農業者に対し自分たちの要求を伝え、そのとおりに作られているかどうかを確認しなければならず、大変な労力と費用がかかりました。
そこで、各スーパーマーケットは、お互いに異なるルールを見直し、安全性の確保について共通のルールを作る(標準化)ことによって、世界中どこから仕入れても大丈夫な生産工程の管理のあり方を共通化し、その取組レベルが要求レベルを満たしているかを客観的に評価するために、第三者が公正・公平に確認する仕組みを検討しました。これがGLOBALG.A.P.(グローバルギャップ)(当時はEUREPGAP)という認証の誕生の経緯です。

現在、GAP認証は、世界中でさまざまな種類が存在します。生産地域の状況や取引先のニーズ等に応じて取組基準等が設定されていて、それぞれ内容が異なります。
日本では主に、GLOBALG.A.P.、ASIAGAP、JGAPの3種類が第三者認証として普及しています。
GLOBALG.A.P.
ドイツのフードプラス(FoodPLUSGmbH)が策定したGAP認証であり、主に欧州で普及しています。
ASIAGAPおよびJGAP
一般財団法人日本GAP協会が策定した日本発のGAP認証です。

GAP認証の誕生の経緯
このページ
の先頭へ