これから始める GAP

農林水産省

GAPの実施から得られるもの

では、実際にGAPに取り組むことによって、現場はどのように変わっていくのでしょうか。

変わる現場・変わる労働者

GAPは、農業者自らが実施する取組であり、押しつけられて行うものではありません。
自主的に問題を見つけ、解決方法を探り、実施する、能動的な取組です。
GAPに取り組むことによって、現場も労働者も経営者も変わります。

変わる現場・変わる労働者

経営改善に寄与

GAPに取り組むことによって得られるメリットはたくさんありますが、競争力が強化され、農業経営の改善を図れることが、事業者にとってはいちばんうれしいことではないでしょうか。国内で先進的にGAPに取り組む生産者の中には、農業経営の改善を第一の目的に取り組んでいる生産者も増えています。

GAP実施による経営改善効果
このページ
の先頭へ