食品の安全を守るために農業者ができること | これから始めるGAP

これから始める GAP

農林水産省

食品の安全を守るために農業者ができること

日本の食品は本当に安全?

「日本で作られた農産物だから安全」とよくいわれています。しかし、本当に安全だといえる裏付けはあるのでしょうか。この言葉は消費者に何を約束しているのでしょうか。
食品の安全性に関係する危害要因(ハザードともいう。)には日本特有の土壌条件や気象条件に起因する問題もあり、「国産だから安全」と必ずしもいえないことがわかります。
農薬さえ減らせば安全だという考えをお持ちの方がいるかもしれませんが、農薬は農産物の安定生産に必要な資材です。このため、農薬に対して正しい知識を持ち、そして正しく使用することが大切です。
また、安全な農産物を提供するうえでは、ガラス片や金属片などの異物混入に対する対応も重要です。重金属、かび毒、病原微生物などによる汚染などにも注意を払わなければなりません。
事実、これらの危害要因への対応不備による事故は国内外問わず発生しています。

危害要因の管理

食品の安全を守るためには、さまざまな危害要因に対応する必要があります。
たとえば、食品安全に関連する危害要因には次のようなものがあります。

危害要因

これらの危害要因による食品の汚染は、意図せずに生じる場合もありますし、その可能性を知っていながら対策を立てなかったために生じる場合もあります。
意図せずに危害要因により汚染が生じた場合は、その原因を追究し、対策の実施が可能であれば、それを実施する必要があります。

食品の安全の源流は農業者

農産物は一般的に生産者から農協や集荷市場などを経由し、その後、店舗に並べられ消費者の手に渡ります。
途中で加工されたり手が加えられたりすることはあっても、元の素材は農場での生産物。まずはその大もとである農業現場において農産物の安全が守られていなければ、どの流通経路をたどっても安全は保証できません。だからこそ、農業者の責任は重大です。

源流は農業者
このページ
の先頭へ