ルール作りの重要性 | これから始めるGAP

これから始める GAP

農林水産省

ルール作りの重要性

GAPは、GAP認証の基準書などを参考にしながら、自ら点検項目や取組内容、各種規定を決めていきます。
法令に遵守することはもちろんですが、自分たちの農場に最も適したルールを作成します。

ルール作りで大切なことは、「なぜこうするか?」です。
たとえば、「農薬空容器を分別して処理する」というルールに対して、なぜ分別するのか、分類するとどんなリスクが減るのか? 分類する入れ物にフタは必要か? 入れ物の素材や大きさは? 「農薬空容器用」の表示は必要か? 表示のサイズは? どこに置くのか? 分類したあとはどうするのか? といった疑問が湧いてきます。
「農薬空容器を分別して処理する」の内容を、だれが見てもわかるように具体的に落とし込みます。

ふだん何気なくしている行為にちょっとでも「なぜ?」と思ったら、そこに改善の余地があります。GAPをすれば、この「なぜ?」という気づきが増え、考える力が向上します。
問題が起こるまえ、どこかで「あれ?」って思ったことがあるはずです。そういった日常に隠れている何気ないリスクに気づき、適切に評価・対応することが重要です。

このページ
の先頭へ