GAPの5つの柱 | これから始めるGAP

これから始める GAP

農林水産省

GAPの5つの柱

●5つの柱とは

GAPでは、次の5つの内容について取り組んでいきます。

1. 食品安全

環境由来の重金属やかび毒等による汚染を防止・低減する対策、農薬の適正な保管・使用、作業者自身の健康・衛生管理(病原微生物による農産物汚染防止)、農機具等の安全な保管・取り扱い、異物の混入防止、収穫した農作物の保管方法など、食品の安全を保つためのルール作りを行い、実施します。
【効果】
対策や作業内容を細かく文章に落とし込むことによって、問題の発見や、どこにリスクが潜んでいるかが見えてきます。リスクはゼロにはできませんが、合理的に実行可能な範囲で減らす必要があります。

食品安全

2. 環境保全

農薬による環境汚染の防止、適切な土壌管理、正しい廃棄物処理方法・排水処理方法、施設・機械等の使用時の不必要・非効率なエネルギー消費の節減、有害鳥獣よる被害防止策の作成など、農場および周辺の環境の安全を守るためのルール作りを行い、実施します。
【効果】
土壌診断等により土壌の状態を把握でき、適切な肥料、量などを知ることができ、無駄な肥料の使用による環境汚染も抑止できます。将来も継続して使用できる土壌や環境を目指した改善により、永続的な農業生産を未来にもたらすことができます。

環境保全

3. 労働安全

農業分野における事故は、ときに死に至る危険性があります。危険な作業の把握、安全に作業を行うための服装や保護具着用、機械等の適正な使用、燃料の保管方法、警告標識の重要性、応急処置訓練講習会の受講など、労働者の安全確保のためのルール作りを行い、実施します。
【効果】
作業時の事故を減らすことができます。労働者は以前より安全な環境で作業を行うことができ、ストレスが軽減され、作業効率が上がります。

労働安全

4. 人権保護

休憩場所・休憩時間の確保、性別・国籍・出身地・宗教による差別行為の禁止、過剰労働の軽減、雇用契約書の締結、就業規則の作成、社会保険・労災保険への加入など、農業現場従事者の基本的人権を守るためのルール作りを行い、実施します。
【効果】
労働者間の関係が改善されます。コミュニケーションも活発になり、よりよい人間関係が築けます。
農場経営者と従業員との関係も改善されます。よりよい労働環境は生産性の向上にもつながります。

人権保護

5. 農場経営管理

農場マップの作成、指揮命令系統の確立、教育訓練の実施、作業・活動の記録、運営上必要な情報の記録、外部委託者の監視、クレーム対応の手順と記録など、農場経営にとって必要なルール作りを行い、実施します。
【効果】
さまざまな記録を保管することによって、記録が根拠書類としての価値を持ちます。何らかのトラブル等が起こった場合でも記録が改善ポイントを示唆してくれます。
農場経営者自らが開発した技術やノウハウを、次世代につなげることができます。

農場経営管理
このページ
の先頭へ