これから始める GAP

農林水産省

労働者の安全を守る

労働者の健康管理、職場の安全、快適な職場環境は、労働者の定着や労働意欲に大きく関係します。労働災害を起こさないためにも労働衛生のルールをきちんと作りましょう。

[事例1]草刈機を使用しているときに、不用意に声を掛けたら大ケガを負った

Aさんが農場の草刈りをしているとき、後ろからBさんに声を掛けられました。Aさんはそのまま草刈りをしながら振り向いたところ、勢いで草刈機がBさんの足を直撃しました。Bさんはスネを切る大ケガを負いました。

草刈機の使用

なぜこのような事故が起こってしまったのか?

草刈機を使用しているときはエンジン音がうるさく、声を掛けられてもあまり聞こえません。また集中して作業をしていると、周囲に気が回らないこともあります。
Bさんは、Aさんの真後ろから近づいて声を掛けたため、草刈機の直撃を受けました。距離がもう少し離れていれば、逃げることもできたかもしれません。

どのように声を掛ければ、よかったのか?

基本的に、草刈機を使用しているときは、使用者の前から声を掛けるべきです。それも身振り手振りをしながら遠くから近づき、あまり近くないところで声を掛けます。決してBさんのように後ろから突然声を掛けてはいけません。

どのような取組が必要か?

危険が伴う作業では、危険を見える化するため、次のように危険防止ルールを作成しましょう。

  1. ①危険な作業を洗い出す
  2. ②危険な作業のリスクを探す
  3. ③防止策を考える
  4. ④危険防止ルールを作成し告知する、掲示する

[事例2]農薬散布をしたら、気分が悪くなった

C農場では、害虫駆除のためごぼう畑に殺虫剤の散布作業を行うことになりました。 殺虫剤は粒剤だったため、作業員2名は防塵マスクは使用せず、長袖シャツと長ズボンの上に不浸透性のゴム製の保護手袋をしていました。また足元はゴム製長靴、さらに帽子を被っていました。作業は、午前9時過ぎから夕方の5時前まで行いました。作業が終わって、自宅に戻った2名は、シャワーを浴び、午後7時半ごろに夕食を取りましたが、その後、気分が悪くなり救急車で病院に運ばれました。

気分が悪くなった原因は?

防護服を着ていたのに気分が悪くなった理由を考えてみましょう。

  • 粒剤といえども防塵マスクが必要だった
  • 作業者および作業指示者に有毒物に関する知識が乏しかった
  • 顔や手足を洗うための施設がなかった
  • 作業時間が長すぎる

今回の原因の1つは、防護マスクを含め適切な保護服等を着用していなかったことです。着用しなかった理由として、事業者に殺虫剤の有毒性に関する認識がなかったことと、作業者に対して事前に取り扱いに関する注意事項の教育を実施していなかったことが挙げられます。また、散布作業を行った敷地内に、作業途中および作業終了後に体を洗ったり、うがい等ができる設備が整備されていなかったことも原因となります。

どのような取組が必要か?

まずは、殺虫剤の有毒性に関する認識を事業者も労働者も持つようにしましょう。
そして、防除作業を実施するときは、農薬被爆量をできるだけ少なくするよう、以下のものを装着して作業を行います。

  • ①防護服(防護用エプロン:不浸透性)

    防護服(防護用エプロン:不浸透性)
  • ②防除用眼鏡

    防除用眼鏡
  • ③ゴム手袋

    ゴム手袋
  • ④長靴

    長靴
  • ⑤マスク(国家検定品で農薬用のもの)

    • 防護マスク(ガス用)

      防護マスク(ガス用)

    • 防護マスク(粉剤・液剤用)

      防護マスク(粉剤・液剤用)

    • 防護マスク(液剤、粒剤)

      防護マスク(液剤、粒剤)

  • ⑥帽子またはヘルメット

    帽子またはヘルメット

[事例3]トラクターで昇降路から道路に出ようとした際に横転して全身大ケガを負った

ブロードキャスターを付けたトラクターで田んぼに肥料を散布するために、昇降路から道路に上るときに起きた事故です。
Dさんは、散布が終わった田んぼから移動するため、いったん昇降路から道路に出ようとしました。そのとき、道路上を乗用車が走ってきたため急ブレーキをかけたところ、トラクターが横転し、Dさんはその下敷きになりました。Dさんは、全身にケガを負い何度も生死の境をさまよい、数か月も入院することになりました。

トラクターでの事故

なぜこのような事故が起こってしまったのか?

トラクターは重心が高いため、自動車と比べて横転しやすい構造です。今回の事例のように作業機を装着して昇降路を上るような場合は特に不安定になりがちです。トラクターで作業するときは、このことに注意しながら運転する必要があります。さらに、舗装道路、坂道、泥道、砂利道、狭い道、斜面といろいろな道を速度調整しながら走行します。いつも危険と隣り合わせの運転だということを自覚する必要があります。
今回、なぜこのような事故が起こってしまったのか。一般的には次のような要因が考えられます

  • ブレーキの連結ロックをしなかった
  • スピードが出ていた
  • 一時停止をしなかった
  • 変速しなかった
  • トラクターに安全フレームや安全キャブを装着せず、シートベルトも着用していなかった
  • 運転技術が未熟だった
  • 疲れていて運転に集中できなかった

原因は片ブレーキとスピードの出し過ぎ

回復したDさんから事情を聞いたところ、次のことがわかりました。
トラクターには、安全フレームや安全キャブは装着されておらず、Dさんはシートベルトを着用していませんでした。また、Dさんは、昇降路を上るとき、ブレーキの連結ロックはせずに片ブレーキの状態でした。また、主変速は高速のHに入れたままで、副変速も3のままでした。そのためスピードが出たまま一気に昇降路を駆け上がり、その後、急ブレーキをかけたため、トラクターが急激に横ずれ・横転し、Dさんは投げ出され、トラクターの下敷きになったのです。

どのような取組が必要か?

農作業中の事故は、危険度が高いといわれている建設業より約3倍の高い確率で起こっています。また、82%が65歳以上の方の事故です。(平成28年度調査)
体力が低下したと感じたら運転をやめるのも事故を防ぐ方法の一つです。
トラクターによる事故の半数は、転倒または転落による事故といわれています。運転するときに十分気をつけて運転することはもちろんですが、装備で防げることがあれば、それらを装備することも大切です。

  1. ①転倒防止の対策として安全フレームや安全キャブを装備し、併せてシートベルト、ヘルメットを着用する
  2. ②トラクターに格納付きの安全フレームがある場合は、移動時と作業時に必ず使用する
  3. ③作業時以外は、左右のブレーキペダルを連結ロックにする
  4. ④急な坂道や狭い道等の路肩を走行すると転倒・転落が発生しやすいため、速度を落として走行する
  5. ⑤必ず両手でハンドルを握る(片手ハンドル禁止)
  6. ⑥子供をトラクターに乗せない
トラクター運転時の注意
このページ
の先頭へ