労働者の人権を守る | これから始めるGAP

これから始める GAP

農林水産省

労働者の人権を守る

農業は、人間の力ではコントロールできない自然を相手にする仕事です。日々の作業は暑さや寒さとの戦いで、ときには朝早くから夜遅くまで働かなくてはならないこともあります。
農業はこのような厳しい環境下での作業ですが、そのような中でも労働者の人権を守ることは重要です。

[事例1]採用に当たって雇用契約書の作成を求められた

A農場では、農業高校から新人1名を雇うことになりました。採用にあたり、学校からは本人と雇用契約書を交わすようにとの連絡を受けました。今まで雇用契約書を労働者と交わしたことはなく、何も問題が起こったこともありませんでした。会社でもないのに雇用契約書は本当に必要なのでしょうか。

雇用契約書の作成

雇用契約書は必要か?

労働基準法では、入社時に雇用契約書を作成することを義務づけられてはいません。しかし、多くの組織では雇用契約書を作成しています。その理由は、労使間トラブル防止のためです。トラブルの原因の一つは、「言った、言わない」の問題です。雇用契約書には労働条件を明確に記載してあるので、労使トラブルを未然に防ぐ効果もあるのです。

どのような取組が必要か?

雇用契約書に限らず、人を雇ったらどんなことが必要になるでしょうか。
労働基準法では、次のことを書面で明示するように決められています。

  • 労働契約の期間および更新の有無
  • 就業場所および従事する業務内容
  • 勤務時間および残業の有無、休憩時間、休日など
  • 賃金およびその計算方法、支払方法
  • 退職に関する事項 など

ほかにも休憩場所の確保や差別環境を作らないなど、農場の労働者が快適に最高の能力を発揮できるようにすることは、農場運営の効率化や経営においても重要です。農場主は、自分がされたくないという視点で作業従事者の労働環境を整備しましょう。

[事例2]外国人技能実習生との関係が悪化した

B農場では、外国人技能実習生を含め技能実習生を8名受け入れています。毎月の基本賃金として12万円近くを支払っていましたが、6か月ほどたったときに、賃金や待遇に不満を持った外国人実習生5名と、農場の管理スタッフとの間で関係が悪化してきました。待遇に関して何度か実習生より相談があったにも関わらず、農場側が無視したからでした。

外国人技能実習生

関係が悪化した原因を考えてみよう!

外国人実習生は、遠い外国から来て、言葉も慣れない生活で寂しさを感じることもあるでしょう。仕事や寮生活、賃金面で充実していれば、大きな問題は起こらないかもしれません。しかし、環境の違いやちょっとしたことから問題が発生することもあります。ここでは何が起こったのでしょうか。

  • 労働が過酷だった(残業が多い)
  • 寮の環境がひどかった
  • 食事が合わなかった
  • パワーハラスメントがあった
  • 宗教的なことで差別を受けた
  • 日本人の実習生との待遇に差があった

どのような取組が必要か?

外国人技能実習生の中には、アパートの1室に4~5人が一緒に住んでいるという事例もありました。そのような状況にもかかわらず一人当たり高額な家賃を徴収したり、月に200時間以上の残業をさせても残業代金は支払っていないという事例がみられます。
今後、農場でも外国人と共同で仕事をする機会は増えてきます。外国人だけでなく、農場で働く労働者全員の人権が尊重され、差別のない環境にする必要があります。
パワーハラスメント・セクシャルハラスメントの禁止はもちろん、男女間の差別・宗教的な差別の禁止、休憩時間の確保など、労働者の人権や労働環境を守る取組も必要です。

どのような取組が必要か?

コラム【従業員による意図的な異物の混入】

意図的に食品へ異物を混入する故意犯がいます。たとえば、冷凍食品に農薬を混入した事件がありました。この事件では工場の契約社員が逮捕されています。中国製冷凍餃子事件も待遇に不満を持った社員による犯行といわれています。
農場従事者の中にも、このような故意犯がいないとは限りません。待遇や労働環境、配慮のなさが作業者を故意犯にすることもあるのです。

このページ
の先頭へ