これから始める GAP

農林水産省

農業経営の効率化・充実を図る

GAPに取り組むことは、現場および経営の状況を把握することにつながるので、経営にとってもメリットがあります。たとえば、組織体制の確立、労働者への教育、生産工程の管理、情報の記録・共有など、結果的に経営基盤を強固にする内容がGAPの取組の中に多く含まれています。経営者自体の意識改革にも役立ちます。

GAPに取り組んだことによって、経営改善効果があったという結果が出ています。
GAPに取り組むことは、農業経営の基盤強化による持続的な農業経営のために必要なことといえるでしょう。

GAP実施による経営改善効果

[事例1]収穫中に熱中症にかかったが救出するのに手間取った

A果樹園は、8ヘクタール以上の広さがある大規模農園です。
残暑厳しい9月上旬に梨の収穫を行っているときに従業員のBさんが突然意識を失い、倒れました。
一緒にいたCさんは、すぐさま救急車を呼ぶと同時に、事務所に連絡して状況と場所を伝えました。Cさんが119番した際に苦労したのは、救急車に倒れた場所を伝えることでした。果樹園は広いうえに目印となるものがありません。そこでCさんは、近くにいた仲間を呼んでBさんの面倒を頼み、自分は山から下って、救急車を探し誘導することにしました。そのため、救急車を近くまで呼ぶまでに時間がかかってしまいました。

収穫中の熱中症

今回のことでは何が問題か?

今回のことでは、熱中症になったことが問題でしょうか、それとも救急車がくるのが遅かったことが問題でしょうか。
もちろん熱中症防止対策を施すことも必要ですが、緊急時に救急車が迅速かつ的確に現場にたどり着けるようにすることが重要です。
広い果樹園や田畑では、番号や住所を電話で伝えても、地域一帯で同じような山や田畑が並んでいる場合は探すのに手間取り、救急車の到着が遅くなってしまいます。明確にわかる目印を記載した地図を作成し、従業員一同が共有し、緊急時に救急隊員を誘導したり、目印の場所まで迎えにいくなどの方法がとれるように準備をしておくことが大切です。

どのような取組が必要か?

農場では、どこでもいつでも事故が起こる可能性があると考えましょう。特に広い農場では、どこに作業者がいるかをすぐに把握することは難しいです。不測の事態が起こったときに、農場の詳細地図があれば、比較的に早い時間で現場に到着できます。
農場の位置情報を説明できる地図は、だれでも簡単にわかるように目印や建物も記入しましょう。これらの情報は、ただ作るだけでなく共有も必要です。
また、事故発生時の救急連絡網を作成しておくことも大切でしょう。さらに、事前に事故を防ぐ対応があれば、それも考えておきましょう。場合によっては、労働者に応急処置訓練を受けてもらうことも有意義です。
地図を作ることや応急処置訓練は、労働者の安全を守る面でも、農業経営権利の面でも必要です。

農地地図

[事例2]いちごに残留農薬が検出されたが、出荷した農家をすぐには特定できなかった

デザート等の加工食品を製造するD社では、「安心への取組」の一環として、納品された農作物の残留農薬を独自に検査しています。この検査の中で、E農協から納品されたいちごに基準値を超える残留農薬が見つかり、その結果をE農協に報告しました。
E農協では、いちごを納品した全農家に連絡を入れ、全生産者162人に聞き取り調査を行いました。162人のうち30人は検出された農薬を使用していましたが、個別の聞き取り調査では不適切な使用は確認されませんでした。そこで、E農協では自主検査を行い、基準値を超えていた2軒の農家に安全性が確認されるまで無期限の出荷停止を言い渡しました。

残留農薬の検出

今回のことでは何が問題か?

E農協では納品した全いちごを回収・廃棄しました。基準値を超えたいちごを生産した農家をすぐに特定できなかったためです。 なぜ、農家を特定できなかったのでしょうか。それは、農薬の使用履歴が記録として残っていなかったからです。

いちごの回収

どのような取組が必要か?

農家への聞き取り調査の結果、「不適切な使用はしていない」とのことでした。でも、そもそもそれが本当のことでしょうか。各農家で農薬、堆肥散布等の各種活動の記録がきちんと残されていれば、結果は明白でした。
何が原因であったのかをたどるためにも、同じミスを起こさないための検証としても、記録は重要です。
各作業のプロセスで何をどのように行ったかを記録することで、事故につながる可能性がある作業をあとで検証することができます。また、生産量との相関関係も知ることができ、農業経営上の有効な資産となります。

記録の重要性

これまで見てきたように、GAPに取り組むことは、食品の安全を守り、環境を保全し、労働者の安全と人権を守り、ひいては農業経営の効率化につながります。これからもより良い農業を続けていけるように、また、より良い農産物を消費者にお届けできるように、まずはできることから早速GAPに取り組んでみましょう。
さらに理解を深めるために、GAP理解度確認テストもご用意しています。ぜひご利用ください。

このページ
の先頭へ