これから始める GAP

農林水産省

食品の安全を確保する

食品の安全は消費者にとって最も重要視されている課題です。実際に生産現場で起こりそうなケースをご紹介します。
どうして問題が起こってしまったのか、どうすればよかったのかなどを一緒に考えてみましょう。

[事例1]脚立で蛍光灯を割って、破片が野菜の上に落ちた

作業場で収穫した野菜の箱詰めをしているときに、一人の作業員が大型の脚立をもって作業場に入ってきました。彼が脚立を持ち替えたときに、脚立で天井の蛍光灯を割り、破片が作業場に飛び散ることに。箱詰めをしていた作業員もケガをし、野菜を詰めようとしている箱にも細かい破片が入り込んでしまいました。

天井の蛍光灯

事故で異物混入の危険!

天井の蛍光灯が割れることは、普通の状況ではあまり考えられません。しかし、作業場ではさまざまな荷物を運び込むので、発生する可能性がある事故です。また、蛍光灯は雷などの過電圧で割れたりすることもあります。
雪国などでは、雪の重みでガラス戸が割れて農産物を入れる容器に混入したという事例もあります。異物混入は、至るところで発生する可能性があります。

どのような取組が必要か?

蛍光灯に限らず、照明ガラスの破片が異物として農産物を入れる容器に混入してしまっては大変なことになります。作業場などの照明は、保護カバーをかけるか、飛散防止の加工がされたランプを使用しましょう。

[事例2]保管していた粉剤農薬が使えなくなった

農薬の管理に気を配っていたA農場では、作業場に農薬専用の棚を設置し、施錠できる保管庫に保存していました。ところが、棚の下に入れていた粉剤の袋に液剤がこぼれ、粉剤の中まで浸透してしまったため、粉剤を廃棄しなければならなくなってしまいました。
粉剤は量が多いため棚の下に管理し、液剤などは取り出しやすい上の棚に保管していました。管理ルールに従って管理していたのですが、何が問題だったのでしょうか。

粉剤農薬

農薬の保管方法にはルールがあるのか?

農薬は、「毒物及び劇物取締法」によって取扱方法が定められていますが、各農薬の保管位置などについてまでの記載はありません。
法律的ルール以外にも、現場の状況によっては、さらに改善した方がよい場合もあります。それぞれの現場での保管状況を確認し、保管方法の検討をしましょう。

他に考えられるリスクは?

今回は粉剤廃棄だけで済みましたが、万が一、薬品同士が化学反応を起こして有毒なガスが発生してしまった場合、周辺環境に被害が及ぶ可能性があります。
今回は棚の施錠はされていましたが、施錠されていない場合、農薬が盗難にあい犯罪に使用される可能性もあります。意図しない犯罪行為に巻き込まれないためにも施錠は重要です。

どのような取組が必要か?

今回の原因は、棚に保存するそれぞれの農薬の位置関係と、漏れても問題を少なくするための対策がなされていなかったことです。
粉剤は、基本的に液剤より上に保存します。
では、農薬を保管するときは、どんな点に気をつけるべきなのでしょうか。

  1. ①粉剤、水和剤などドライな農薬は、液剤や乳剤などのような液体より上に保管する
  2. ②農薬の流失防止のためにコンテナトレイ(液体を十分に受け止められる容積のもの)に薬剤を保管する
  3. ③施錠できる保管庫に保管する
  4. ④農薬によっては引火性のあるものもあるので、金属性の保管庫に保管(事務ロッカーでも可)する
  5. ⑤流出したときのために塵取り、ほうき、砂(または米糠など)を常備しておく。流出したときは砂または米ぬかで農薬を付着させて薬剤を回収する
  6. ⑥保管庫がある部屋は農薬のラベルが十分に読める明るさにする
  7. ⑦立ち入りができる保管庫の場合、換気が十分できるようにする
  8. ⑧保管庫が異常に高温にならないよう置く場所に注意する
  9. ⑨もともと薬剤が入っていた容器で保管し、決して他の容器には入れ替えない
  • 粉剤や水和剤を上に、液剤や乳剤は下に保管すること

    粉剤や水和剤を上に、液剤や乳剤は下に保管すること
    【注記】写真は事務ロッカーを活用した例

  • コンテナトレイ(引き出し)は、液が漏れ出しても十分に受けきれるだけの容積にすること

    コンテナトレイ(引き出し)は、液が漏れ出しても十分に受けきれるだけの容積にすること

  • 施錠できる農薬保管庫で農薬を保管すること

    施錠できる農薬保管庫で農薬を保管すること
    【注記】写真は事務ロッカーを農薬保管庫に使用した例

  • 開封後の農薬は、クリップやテープで封をすること

    開封後の農薬は、クリップやテープで封をすること

  • 漏れてきたときに清掃するために、ほうきや塵取りを用意しておくこと

    漏れてきたときに清掃するために、ほうきや塵取りを用意しておくこと

[事例3]出荷した玉ねぎから食中毒の原因菌が検出された

B県では最近、野菜サラダを原因食品とした食中毒事件が発生していたため、C農協では納品された野菜の抜き取り検査を自主的に進めていました。その検査の中で、D農場で生産した玉ねぎに食中毒の原因菌が見つかったのです。D農場では、病原微生物による汚染を防止するため、完熟堆肥を使用し、従業員には定期的に検便を実施し、衛生管理には十分に気を使っていました。

汚染された玉ねぎ

気づかない病原微生物汚染もある!

D農場では作業員に手洗いなどの衛生管理を徹底していました。では、いったいどこに食中毒の原因菌汚染の危険性があったのでしょうか。
原因は特定できませんでしたが、農場内に野生動物の糞便が見つかったことと、作業場にネズミが入った痕跡があったことから、これらの有害鳥獣により病原微生物が持ち込まれた可能性も否定できません。つまり、生産者自身が意図しない汚染の可能性もあるということです。

病原微生物

どのような取組が必要か?

農場内に有害鳥獣やペットが入り込むと、彼らが収穫物に接触して動物が保有する病原微生物による汚染が生じる可能性があります。まずは、農場内に有害鳥獣やペットが入れないようにしましょう。

  1. ①収穫物の残り(残さ)は放置しない(クズ野菜などの放置は野生動物の格好のエサ場となる)
  2. ②耕作放棄場や農地周辺のヤブや草むらを刈る(野性動物の通り道や隠れ場をなくす)
  3. ③倉庫や作業場の開口部分にはカーテンを設置し、有害鳥獣やペットの侵入を防ぐ
  4. ④倉庫や作業場の戸締りを忘れない
  5. ⑤作業場にネズミ捕りを設置する(定期的にモニタリング)
収穫物の残り
ネズミ捕り
このページ
の先頭へ