これから始める GAP

農林水産省

環境を保全する

農業は自然環境と接する場所での生産活動です。肥料や農薬などを使用する以上、ある程度の環境への影響は否定できませんが、環境破壊につながるような農業であっては持続性も失われてしまいます。
そのためには、自然への負荷を抑える農業を目指しましょう。

[事例1]養分過多の土壌が、農作物と環境に影響を与えていた

有機栽培の大規模農場を営むA農業法人では、作物の品質や収穫量の向上のために土壌の健康診断(土壌診断)を実施することにしました。
無作為に選択した露地栽培畑4か所とビニールハウス施設栽培畑1か所の土壌を、土壌調査会社に依頼し、土壌分析をお願いしました。その結果、地域の基準値よりも土壌中の養分が大幅に多く、養分過多の状況にあることが分かりました。

土壌診断

養分過多な土壌によって起こる問題点は?

養分過多になった不健康な土壌は、農作物の収穫に悪影響を与えるだけでなく、環境汚染にもつながります。それでは実際に、どんな問題を引き起こすのでしょうか。

  • 地下水汚染
  • 土壌の養分バランス等の悪化
  • 作物の品質低下
  • 収穫量の減少

不適切な施肥が影響?

では、何が原因で養分過多になったのでしょうか。A農業法人では長年、土壌診断をせずに、不適切な施肥を繰り返している場所も多く、特定の肥料成分が過剰になっていたことが判明しました。
「肥料はやればやるほどよい」のではなく、適切な量をバランスよく施用するのが大切です。作物に合った土を作ることや適量の肥料を与えることによって作物は健康に育ちます。結果的に肥料のコスト削減にもつながります。

土壌診断を行い適切な施肥を!

土壌の性質は、物理性(保水力、硬さ、団粒構造など)と化学性(土壌成分や養分など)の両面から捉える必要があります。排水性の悪い農地であれば、それに適した作物を栽培したり、排水性のよい土壌を好む作物を栽培するのであれば、排水性をよくするための措置が必要です。
また、A農業法人の農地のように土壌診断をせずに長年同じ施肥量を施用し続けると、作物が吸収しきれない養分が土壌に溜まって土壌養分の偏りが出て農作物栽培に悪影響を及ぼすことがあります。また、過剰に肥料を与えることは、養分が浸透して地下水汚染にもつながります。地下水を水資源として農作物を生産していれば、その悪循環が続いてしまいます。健全な農業経営を続けるためにも、定期的に土壌診断を行い、常に土壌を健康に保ちましょう。

[事例2]廃棄物を農場内で焼却したら、大気汚染だというクレームがあった

Bさんは、田んぼのあぜや農地で刈り取った雑草、農道に生い茂った木から伐採した枝などがたまってきたので、農地内で野焼きをすることにしました。天気の良い日に、雑草のほかに、ついでなので廃棄し忘れた使用済プラスチック袋や容器、ビニールハウスのビニールも一緒に焼却しました。
そうしたところ、近所の住民から煙が流れて室内に入ってきた、洗濯物にすすや臭いがついた、異臭がする、大気汚染だというクレームがきました。

農場内での焼却

何がいけなかったのか?

まず問題になるのは、使用済プラスチック袋や容器、ビニール類の焼却です。これらのプラスチック類・ビニール類は産業廃棄物にあたり、少量であっても野焼きすることによって大気汚染を引き起こします。

大気汚染にもつながる野焼き

牧草地で野焼きすることが認められているところは除いて、農場で廃棄物や枯れ草などをむやみに焼却することは大気汚染にもつながります。特に廃棄物は廃棄物処理の管理計画に基づき、適切な処理を行うとともに、枯れ草になる前に草刈りなどを行って焼却機会を減らす必要があります。
野焼きは、「農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却」としては認められていますが、ただし「周辺住民の生活環境に与える影響が軽微なもの」とされています。
今回が「軽微なもの」であったかも問題です。実際には、どの程度までならいいかという具体的な線引きはありません。住民とのトラブルを防ぐためにも、風のない日に少量ずつ焼却する、基本的には廃棄物として回収してもらうなどの対策を考えましょう。

このページ
の先頭へ